前回からの続き

前回に続いて、WordPressで来店予約サイトを作っていきたいと思います。
前回は必要なプラグインのインストールを行いました。

※ インストールしたプラグインはこちら

  • 第1回 プラグインのインストールまで
  • 第2回 予約の基本設定
  • 第3回 予約商品の追加
  • 第4回 予約の応用設定(お客様が滞在時間を選択できるようにする)
  • 第5回 おまけ(予約時に料理の注文を受け付け、事前に決済ができるようにする)

こんなサイトを目指します

来店予約サイトのトップページ
予約の注文画面

店舗について

  • ハンバーガーショップを想定
  • 営業時間は11:00~15:00と18:00~21:00
  • 定休日あり(月曜日)

条件

  • 1予約につき2時間、席を確保する
  • 来店日時と来店時間を選ぶことができる
  • 1ヶ月先まで予約可
  • 1テーブルの最大人数は4人、人数が5名以上の場合は複数のテーブルの予約が必要
  • 予約サイトから受け付けるテーブル数は最大4席まで

基本設定

WooCommerce Bookings プラグインを有効化すると、ダッシュボードに「予約」のメニューが追加されます。
各項目でできることは以下になります。

項目詳細
予約一覧現在、予約されている商品(今回の場合は来店予約)の一覧が表示されます。
ここから手動で予約を追加することもできます。
リソース複数のリソースを設定できます。
例)複数のスタッフがおり、それぞれの出勤日時等にあわせて予約ができるようにする。
例)複数の部屋があり、部屋ごとに値段を変えられるようにする。
予約を追加ネットからの予約ではなく、手動で予約を追加することができます。
カレンダー予約の状況をカレンダー形式で確認できます。
日別や月別で表示することができます。
通知を送信予約商品ごとに、現在以降に予約をしているお客様に対して一斉にメールを送ることができます。
緊急時の対応などにも使われます。
設定ストアの予約可能枠、タイムゾーン、カレンダーの接続の設定ができます。
カレンダーの接続の設定では、Googleカレンダーとの接続を設定できます。
APIを利用してカスタムカレンダーと接続することもできます。

ストアの予約可能枠の設定

予約ができる日時や曜日、時間帯などの基本設定を行います。
今回の場合は、営業日と営業時間帯を設定することになります。

※ 予約可能な時間を商品ごとに設定したいときは、この後に設定する「商品の編集」で行います。

ダッシュボード>予約>設定 からストアの予約可能枠の画面を開きます。

営業日と営業時間帯を設定します。
今回の設定は以下のような店舗とします。(店舗についての条件に対応するために必要な設定です。)

  • 営業時間は11:00~15:00と18:00~21:00
  • 定休日あり(月曜日)

「範囲の追加」ボタンから、以下の3つの範囲を設定します。

お気を付けください

曜日の範囲を「火曜日から日曜日」にして予約可能の欄を「はい」にするといった逆の設定にすることで、同様に設定できるように思えますが、実際には月曜日が予約できてしまいます。
公式のマニュアルにも上記のような設定にするように書かれています。
曜日については予約ができない枠を設定するようにしましょう。
ここの設定を間違えると、この後の商品の編集時に混乱してしまうので、十分にお気を付けください。
時間の範囲については、逆の設定(予約できない時間帯を設定する方法)でも意図したとおりに設定できます。

第2回はここまでです。
次回は、予約商品の追加をお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です